トップページにもどる
           PDF形式の文書を開くにはAdobe Readerが必要です。  ダウンロードはここ
           HTML
をクリックするとテキスト部分を抜粋したページをご覧いただけます。
           

弘法さんかわら版 耕平さんかわら版
第201号
(31年3月)
実録・覚王山日泰寺縁起3 HTML HTML
第200号
(31年2月)
実録・覚王山日泰寺縁起2 HTML HTML
第199号
(31年1月)
実録・覚王山日泰寺縁起1 HTML HTML
第198号
(30年12月)
知多八十八ヶ所霊場
総集編
HTML HTML
第197号
(30年11月)
知多八十八ヶ所霊場23
今月は八十八番・八十七番です。
HTML HTML
第196号
(30年10月)
知多八十八ヶ所霊場22
今月は八十二番からです。
HTML HTML
第195号
(30年9月)
知多八十八ヶ所霊場21
今月は七十八番からです。
HTML HTML
第194号
(30年8月)
知多八十八ヶ所霊場20
今月は七十二番からです。
HTML HTML
第193号
(30年7月)
知多八十八ヶ所霊場19
今月は六十七番からです。
HTML HTML
第192号
(30年6月)
知多八十八ヶ所霊場18
今月は六十二番からです。
HTML HTML
第191号
(30年5月)
知多八十八ヶ所霊場17
今月は常滑に入ります。
HTML HTML
第190号
(30年4月)
知多八十八ヶ所霊場16
今月は野間です。
HTML HTML
第189号
(30年3月)
知多八十八ヶ所霊場15
今月は野間に向かいます
HTML HTML
第188号
(30年2月)
知多八十八ヶ所霊場14
四十四番大宝寺から出発!
HTML HTML
第187号
(30年1月)
知多八十八ヶ所霊場13
番外札所浄土寺から出発!
HTML HTML
第186号
(29年12月)
知多八十八ヶ所霊場12
三十五番札所から出発!
HTML HTML
第185号
(29年11月)
知多八十八ヶ所霊場11
三十番札所から出発!
HTML HTML
第184号
(29年10月)
知多八十八ヶ所霊場10
二十七番札所から出発!
HTML HTML
第183号
(29年9月)
知多八十八ヶ所霊場9
二十四番札所から出発!
HTML HTML
第183号
(29年8月)
知多八十八ヶ所霊場8
二十番札所から出発!
HTML HTML
第181号
(29年7月)
知多八十八ヶ所霊場7
十七番札所を先に、十六番へ!
HTML HTML
第180号
(29年6月)
知多八十八ヶ所霊場6
十四番札所から、出発!
HTML HTML
第179号
(29年5月)
知多八十八ヶ所霊場5
十一番札所から、出発!
HTML HTML
第178号
(29年4月)
知多八十八ヶ所霊場4
六番札所から、出発!
HTML HTML
第177号
(29年3月)
知多八十八ヶ所霊場3
さあ、出発!
HTML HTML
第176号
(29年2月)
知多八十八ヶ所霊場2
亮山阿闍梨
HTML HTML
第175号
(29年1月)
知多八十八ヶ所霊場1 HTML HTML
第174号
(28年12月)
四国霊場、標高の高い札所、札所間の距離の長い遍路 HTML HTML
第173号
(28年11月)
四国霊場の開基(札所を開いた祖師) HTML HTML
第172号
(28年10月)
四国霊場、阿波、土佐、伊予、讃岐の四国全体のご本尊 HTML HTML
第171号
(28年9月)
四国霊場、紙上遍路の旅21(八十六番補陀落山志度寺・八十七番補陀落山長尾寺・八十八番矢筈山大窪寺 HTML HTML
第170号
(28年8月)
四国霊場、紙上遍路の旅20(八十二番青峰山根香寺・八十三番神毫山一宮寺・八十四番五剣山八栗寺 HTML HTML
第169号
(28年7月)
四国霊場、紙上遍路の旅19(七十八番仏光山郷照寺・七十九番金華山天皇寺・八十番白牛山國分寺・八十一番綾松山白峰寺 HTML HTML
第168号
(28年6月)
四国霊場、紙上遍路の旅18(七十四番医王山甲山寺・七十五番五岳山善通寺・七十六番鶏足山金倉寺・七十七番桑多山道隆寺 HTML HTML
第167号
(28年5月)
四国霊場、紙上遍路の旅17(七十番七宝山本山寺・七十一番剣五山弥谷寺・七十二番我拝師山曼荼羅寺・七十三番我拝師山出釈迦寺 HTML HTML
第166号
(28年4月)
四国霊場、紙上遍路の旅16(六十六番巨鼇山雲辺寺・六十七番小松尾山大興寺・六十八番七宝山神恵院・六十九番七宝山観音寺 HTML HTML
第165号
(28年3月)
四国霊場、紙上遍路の旅15(六十二番天養山宝寿寺・六十三番密教山吉祥寺・六十四番石槌山前神寺・六十五番由霊山三角寺 HTML HTML
第164号
(28年2月)
四国霊場、紙上遍路の旅14(五十八番作礼山仙遊寺・五十九番金光山国分寺・六十番石槌山横峰寺・六十一番栴檀山香園寺 HTML HTML
第163号
(28年1月)
四国霊場、紙上遍路の旅13(五十四番近見山延命寺・五十五番別宮山南光坊寺・五十六番金輪山泰山寺・五十七番府頭山栄福寺 HTML HTML
第162号
(27年12月)
四国霊場、紙上遍路の旅12(四十九番西山山浄土寺・五十番東山繁多寺・五十一番熊野山石手寺・五十二番瀧雲山太山寺・五十三番須賀山円明寺 HTML HTML
第161号
(27年11月)
四国霊場、紙上遍路の旅11(四十四番菅生山大寶寺・四十五番海岸山岩屋寺・四十六番医王山浄瑠璃寺・四十七番熊野山八坂寺・四十八番清流山西林寺 HTML HTML
第160号
(27年10月)
四国霊場、紙上遍路の旅10(四十番平城山観自在寺・四十一番稲荷山龍光寺・四十二番一果山仏木寺・四十三番源光山明石寺 HTML HTML
第159号
(27年09月)
四国霊場、紙上遍路の旅9(三十五番医王山清滝寺・三十六番独鈷山青龍寺・三十七番藤井山岩本寺・三十八番蹉だ山金剛福寺・三十九番赤亀山延光寺 HTML HTML
第158号
(27年08月)
四国霊場、紙上遍路の旅8(三十一番五台山竹林寺・三十二番八葉山禅師峰寺・三十三番高福山雪渓寺・三十四番本尾山種間寺 HTML HTML
第157号
(27年07月)
四国霊場、紙上遍路の旅7(二十六番龍頭山金剛寺・二十七番竹林山神峯寺・二十八番法界山大日寺・二十九番摩尼山国分寺・三十番百々山善楽寺 HTML HTML
第156号
(27年06月)
四国霊場、紙上遍路の旅6(二十二番白水山平等寺・二十三番医王山薬王寺・番外八坂山鯖大師本坊・二十四番室戸山最御崎寺・二十五番宝珠山津照寺 HTML HTML
第155号
(27年05月)
四国霊場、紙上遍路の旅5(十八番母養山恩山寺・十九番橋池山立江寺・二十番霊鷲山鶴林寺・二十一番舎心山太龍寺 HTML HTML
第154号
(27年04月)
四国霊場、紙上遍路の旅4(十三番大栗山大日寺・十四番盛寿山常楽寺・十五番薬王山国分寺・十六番光耀山観音寺・十七番瑠璃山井戸寺・十八番母養山恩山寺 HTML HTML
第153号
(27年03月)
四国霊場、紙上遍路の旅3(十番得度山切幡寺・十一番金剛山藤井寺・十二番摩蘆山焼山寺 HTML HTML
第152号
(27年02月)
四国霊場、紙上遍路の旅2(四番黒巌山大日寺・五番無尽山地蔵寺・六番温泉山安楽寺・七番光明山十楽寺・八番普明山熊谷寺・九番正覚山法輪寺) HTML HTML
第151号
(27年01月)
四国霊場、紙上遍路の旅1(一番竺和霊山寺・二番日照山極楽寺・三番亀山金泉寺) HTML HTML
第150号
(26年12月)
最澄・空海後の仏教11(明治時代から現代への仏教) HTML HTML
第149号
(26年11月)
最澄・空海後の仏教10(江戸時代の仏教) HTML HTML
第148号
(26年10月)
最澄・空海後の仏教9(信長と秀吉の仏教) HTML HTML
第147号
(26年9月)
最澄・空海後の仏教9(一向宗の興隆) HTML HTML
第146号
(26年8月)
最澄・空海後の仏教8(室町仏教) HTML HTML
第145号
(26年7月)
最澄・空海後の仏教7(日蓮の日蓮宗) HTML HTML
第144号
(26年6月)
最澄・空海後の仏教6(道元の曹洞宗) HTML HTML
第143号
(26年5月)
最澄・空海後の仏教5(栄西の臨済宗) HTML HTML
第142号
(26年4月)
最澄・空海後の仏教4(一遍の時宗) HTML HTML
第141号
(26年3月)
最澄・空海後の仏教3(親鸞の浄土真宗) HTML HTML
第140号
(26年2月)
最澄・空海後の仏教2(法然の浄土宗) HTML HTML
第139号
(26年1月)
最澄・空海後の仏教1(平安仏教の変遷) HTML HTML
第138号
(25年12月)
最澄と空海の時代12(空海の教え) HTML HTML
第137号
(25年11月)
最澄と空海の時代11(最澄の教え) HTML HTML
第136号
(25年10月)
最澄と空海の時代10(最澄と空海の諡号) HTML HTML
第135号
(25年9月)
最澄と空海の時代9(空海の晩年) HTML HTML
第134号
(25年8月)
最澄と空海の時代8(最澄の晩年) HTML HTML
第133号
(25年7月)
最澄と空海の時代7(最澄と空海の訣別) HTML HTML
第132号
(25年6月)
最澄と空海の時代6(最澄と空海の交流) HTML HTML
第131号
(25年5月)
最澄と空海の時代5(帰国後の最澄と空海) HTML HTML
第130号
(25年4月)
最澄と空海の時代4(最澄と空海の入唐) HTML HTML
第129号
(25年3月)
最澄と空海の時代3(最澄と空海の青年時代) HTML HTML
第128号
(25年2月)
最澄と空海の時代2(最澄と空海の幼小時代) HTML HTML
第127号
(25年1月)
最澄と空海の時代1(時代背景について) HTML HTML
第126号
(24年12月)
・飛鳥・奈良時代の仏教12(鑑真のために建立された唐招提寺について) HTML HTML
第125号
(24年11月)
・飛鳥・奈良時代の仏教11
(日本に授戒の作法を伝えた鑑真について)
HTML HTML
第124号
(24年10月)
・飛鳥・奈良時代の仏教10
(大仏建立勧進聖としての行基の晩年)
HTML HTML
第123号
(24年9月)
・飛鳥・奈良時代の仏教9
(勧進聖として知られる行基)
HTML HTML
第122号
(24年8月)
・飛鳥・奈良時代の仏教8
(霊異記に登場する役行者の説話)
HTML HTML
第121号
(24年7月)
・飛鳥・奈良時代の仏教7
(役行者)
HTML HTML
第120号
(24年6月)
・飛鳥・奈良時代の仏教6
(壬申の乱)
HTML HTML
第119号
(24年5月)
・飛鳥・奈良時代の仏教5
(白村江(はんそんこう=はくすきえ)の戦い)
HTML HTML
第118号
(24年4月)
・飛鳥・奈良時代の仏教4
(乙巳の変と大化の改新)
HTML HTML
第117号
(24年3月)
・飛鳥・奈良時代の仏教3
(聖徳太子一族の滅亡)
HTML HTML
第116号
(24年2月)
・飛鳥・奈良時代の仏教2
(留学僧)
HTML HTML
第115号
(24年1月)
・飛鳥・奈良時代の仏教 HTML HTML
第114号
(23年12月)
・日本仏教と聖徳太子の生涯12(太子の最期と太子伝説) HTML HTML
第113号
(23年11月)
・日本仏教と聖徳太子の生涯11(三経講経と三経義疏) HTML HTML
第112号
(23年10月)
・日本仏教と聖徳太子の生涯10(v日出ずる処の天子) HTML HTML
第111号
(23年9月)
・日本仏教と聖徳太子の生涯9(遣隋使、冠位十二階、十七カ条憲法) HTML HTML
第110号
(23年8月)
・日本仏教と聖徳太子の生涯8(慧慈と覚) HTML HTML
第109号
(23年7月)
・日本仏教と聖徳太子の生涯7(摂政皇太子) HTML ・●「節電熱中症」にご注意を!
たしかに節電は必要です。しかし、健康優先、健康第一で対応してください。今年の夏は、適度にクーラーを効かせた部屋で読書はいかがですか?
HTML
第108号
(23年6月)
・日本仏教と聖徳太子の生涯6(聖徳太子の四天王信仰) HTML ・■蒸し暑い季節になるとますます衛生面に注意が必要です!
生肉への注意だけではなく生野菜もしっかり洗って食べましよう!
■海外で「新しい毒性の強い大腸菌」被害
HTML
第107号
(23年5月)
・日本仏教と聖徳太子の生涯5(聖徳太子誕生) HTML ・■蒸し暑い季節になるとますます衛生面に注意が必要です!
食生活には十分にお気遣いください!
HTML
第106号
(23年4月)
・日本仏教と聖徳太子の生涯4(仏法の初め) HTML ・■がんばろう!日本!
僕も全力で頑張ります!
HTML
第105号
(23年3月)
・日本仏教と聖徳太子の生涯3(日本への仏教伝来) HTML ・■今こそ、国民の皆さんが一致結束して困難に立ち向かいましょう!
僕も全力で頑張ります!
HTML
第104号
(23年2月)
・日本仏教と聖徳太子の生涯2(卑弥呼と倭の五王) HTML ・■安定的な社会保障制度の確立に向けてがんばります! HTML
第103号
(23年1月)
・日本仏教と聖徳太子の生涯1 HTML ・■「新しい芽が出ようとする」年にするために… HTML
第102号
(22年12月)
・仏教伝来12(日本への仏教伝来) HTML ・■硬直した巨石をコツコツとバラしていきます HTML
第101号
(22年11月)
・仏教伝来11(朝鮮半島への仏教伝来) HTML ・■硬直した巨石をコツコツとバラしていきます HTML
第100号
(22年10月)
・仏教伝来10(元・明・清の時代) HTML ・■KO(ノックアウト)されないよう…、KOHO(広報)委員長として頑張ります! HTML
第99号
(22年9月)
・仏教伝来9(唐の時代に確立し、空海に引き継がれた密教) HTML ・■ムダを削る「かんな音」
「菅さん日本の建て直しをよろしくお願いしますよ」
HTML
第98号
(22年8月)
・仏教伝来8(仏教全盛期の隋唐時代) HTML ・■整いました!「ビリケンさん」と掛けてハシモト大阪府知事と解く。その心は、どちらも地域(大阪)の個性です。 HTML
第97号
(22年
7月)
・仏教伝来7(仏教が中国に根付いた魏晋南北朝時代) HTML ・■徹底的な歳出見直しで財政再建に取り組みます! HTML
第96号
(22年
6月)
・仏教伝来6(中国に伝わった仏教=訳経僧=) HTML ・■草の根総理で「政権交代の果実」を! HTML
第95号
(22年5月)
・仏教伝来5(インドから北西のシルクロード、そして中国に伝わった第三のルート) HTML ・■「おかげさま」の気持ちで頑張ります! HTML
第94号
(22年4月)
・仏教伝来4(第ニのルート、インドから北上してネパールへ) HTML ・■軍事力に頼る世界の構造をチェンジせるために頑張ります! HTML
第93号
(22年3月)
・仏教伝来3(第一のルート、南の海路) HTML ・■ひとつひとつの技(政策)をきっちりと決めて「幸福度」の金メダルをめざして頑張ります! HTML
第92号
(22年2月)
・仏教伝来2(大乗仏教と小乗仏教の違い) HTML ・■日本の財政状況、経済、社会の立て直し! HTML
第91号
(22年1月)
・仏教伝来1(仏教伝来) HTML ・■日本再構築のため頑張ります!
今年もよろしくお願いします!
HTML
第90号
(21年12月)
・お釈迦様の生涯12(お釈迦様の教え) HTML ・■新・実の政治を目指して、来年も頑張ります! HTML
第89号
(21年11月)
・お釈迦様の生涯11(第二結集) HTML ・■百年のほこりを払う大掃除-大変だけどがんばります!- HTML
第88
(21年10月)
・お釈迦様の生涯10(第一結集) HTML ・■「大塚副大臣、しっかりやってくれ!」 HTML
第87
(21年9月)
・お釈迦様の生涯9(お釈迦様の入滅) HTML ・■鳩山内閣スタート「I Must Do(やらねばならない)」 HTML
第86
(21年8月)
・お釈迦様の生涯8(お釈迦様の晩年) HTML ・「チェンジ(変化)のチャンス(機会)」 HTML
第85
(21年7月)
・お釈迦様の生涯7(弟子=四衆(ししゅ)) HTML ・よく考えて大切に使おう投票権 HTML
第84
(21年6月)
・お釈迦様の生涯6(弟子の誕生) HTML ・天恥人「愛ではなく、曖昧の兜をかぶっている…」 HTML
第83
(21年5月)
・お釈迦様の生涯5(悟りの境地) HTML ・日本再生のためマゴマゴしている暇はない!
「いざ、ゴマカシなしのマゴ決戦へ!」
HTML
第82
(21年4月)
・お釈迦様の生涯4(お釈迦様の出家と修行) HTML ・政権を「離さんジイさん」のバラマキは許さない! HTML
第81
(21年3月)
・お釈迦様の生涯3(お釈迦様の妻と四門出遊) HTML ・OH NO(農)! 農政に間違いがあったと言わざるを得ない…。 HTML
第80
(21年2月)
・お釈迦様の生涯2(お釈迦様の悩み) HTML ・中川罪夢大臣が辞任---麻生政権もへろへろ HTML
第79
(21年1月)
・お釈迦様の生涯1(お釈迦様の誕生) HTML ・モー限界の麻生政権をギューっといわせて政権交代するぞー! HTML
第78
(20年12月)
・弘法大師の生涯12(仏教史の中の空海) HTML ・マンガばっかり読んでると総理になっちゃうぞ〜!
来年もよろしくお願い申し上げます。
HTML
第77
(20年11月)
・弘法大師の生涯11(空海の教え) HTML ・追加景気対策の中の気になる項目。それは「介護従事者の処遇改善と人材確保等」 HTML
第76
(20年10月)
・弘法大師の生涯10(空海ゆかりの史跡、名刹) HTML ・麻生さん、ゴルフじゃないんだから「打ちっぱなし」は駄目! HTML
第75
(20年9月)
・弘法大師の生涯9(空海の著作) HTML ・福田さん辞任!総理に求められる能力 HTML
第74号
(20年8月)
・弘法大師の生涯8(入定後の空海) HTML ・フクダさん、国民を欺いちゃいけませんよ HTML
第73号
(20年7月)
・弘法大師の生涯7(晩年と入定) HTML ・地球の温暖化対策も、国民の暮らしの寒冷化対策も待ったなし HTML
第72号
(20年6月)
・弘法大師の生涯6(円熟期の業績) HTML ・次は日本で、政権交代 HTML
第71号
(20年5月)
弘法大師の生涯5(最澄との決別と高野山開山) HTML ・「日本株式会社」が変!
「しっかりしてよ、フクダ社長」
HTML
第70号
(20年4月)
・弘法大師の生涯4(嵯峨天皇帰依と最澄結縁灌頂) HTML ・道路、年金、医療、経済…限られた財源 HTML
第69号
(20年3月)
・弘法大師の生涯3(帰国と入京) HTML ・福田さんの責任は重い! HTML
第68号
(20年2月)
・弘法大師の生涯2(運命の出会い) HTML ・道路特定財源と暫定税率 HTML
第67号
(20年1月)
・弘法大師の生涯1(誕生〜修行) HTML ・戊子〜刈ってスッキリさせる! HTML
第66号
(19年12月)
・松林寺と丸山神明社の秋葉常夜灯 HTML ・「カンキュウ」と「シャキュウ」 HTML
第65号
(19年11月)
・西蓮寺と姫池地蔵 HTML ・どちらも「背水の陣」 HTML
第64号
(19年10月)
・正法寺と雲水さん HTML ・「背水の陣」内閣 HTML
第63号
(19年9月)
・専修院と阿弥陀如来の印相 HTML 信なくんば立たず HTML
第62号
(19年8月)
・名古屋城と大林寺 HTML 国会は「言論の府」 HTML
第61号
(19年7月)
・善篤寺 曹洞宗と法華経 HTML (耕平さんかわら版は休載・弘法さんかわら版番外編を掲載) HTML
 第60号
(19年6月)
・織田家の菩提寺「桃巌寺」と四諦八正道 HTML ・「消えた年金」問題 HTML
 第59号
(19年5月)
・台観寺 法華経の「空」と「久遠実成」 HTML ・フランス大統領選挙に思うこと HTML
 第58号
(19年4月)
・法華寺 「一乗」という「乗り物」 HTML ・タミフルと不透明な医療政策 HTML
 第57号
(19年3月)
・大龍寺の五百羅漢堂 HTML ・不可解な予算案、不可解な経済政策 HTML
第56号
(19年2月)
・相応寺は尾張徳川家藩祖の母君のために HTML ・少子化対策に政治家がすべきこと HTML
第55号
(19年1月)
・尋盛寺と徳川家 HTML ・可処分所得と貯蓄率の低下 HTML
第54号
(18年12月)
・仏教の三つの宝と三宝荒神 HTML ・小沢信玄と安倍謙信 HTML
第53号
(18年11月)
・賓頭盧は十六羅漢の一番弟子 HTML ・アメリカの中間選挙 HTML
第52号
(18年10月)
・青面金剛と三匹の猿 HTML ・「暮らしやすい国」へ HTML
第51号
(18年9月)
・不動明王が中心の五大明王 HTML ・この国のあり方 HTML
第50号
(18年8月)
・方角と時間を司る十二天 HTML
・幸福を感じない理由 HTML
 第49号
(18年7月)
・閻魔大王も仏様 HTML ・新しい国債 HTML
 第48号
(18年6月)
・金剛力士と執金剛神 HTML ・「改革」から「共生」へ HTML
第47号
(18年5月)
・梵天なくして仏教なし HTML
・本当にムダ遣いをなくせるか HTML
第46号
(18年4月)
・八大(代)龍王は八部衆 HTML
・心機一転、再出発 HTML
第45号
(18年3月)
・四天王のリーダー、毘沙門天 HTML
・医療制度改革の金・銀・銅メダル HTML
第44号
(18年2月)
・帝釈天の四人の忠臣 HTML
・会社は何のため? HTML
第43号
(18年1月)
・天部はインドの神様 HTML
・医療のアネハ問題 HTML
第42号
(17年12月)
・三毒を取り除く HTML
・今年もあと10日 HTML
第41号
(17年11月)
・愛染明王は良縁、家庭円満の仏 HTML
・インフルエンザウィルスの種類 HTML
第40号
(17年10月)
・覚王山の鯖大師 HTML
・分かりにくい高額療養費制度 HTML
第39号
(17年9月)
・光と長寿の阿弥陀如来 HTML
・「小さな政府」と「国民負担率」 HTML
第38号
(17年8月)
・応病与薬の薬師如来 HTML
・「入口」改革対「出口」改革 HTML
第37号
(17年7月)
・釈迦の五印 お盆は目連の母想いから HTML
・「結果」と「原因」 HTML
第36号
(17年6月)
・釈迦の見分け方 諸仏の王 大日如来 HTML
・出生率1.288  HTML
第35号
(17年5月)
・お釈迦様から弥勒菩薩への橋渡し HTML
・中断されない干拓事業 HTML
第34号
(17年4月)
・お釈迦様の二人の脇侍 HTML
・150兆円はどこに 日銀が政府の資金繰り?  HTML
第33号
(17年3月)
・弘法大師と弥勒菩薩 HTML
・ホリエモン騒動  HTML
第32号
(17年2月)
・いろいろな仏像・いろいろな菩薩 HTML
・深刻な財源不足  HTML
第31号
(17年1月)
・弘法大師と「曜日」 ・星祭り HTML
・既に人口減少?  HTML
第30号
(16年12月)
・来年の守り本尊は? ・百度石 HTML
・弘法大師と信託業法  HTML
第29号
(16年11月)
・巡礼アラカルト・祝!覚王山日泰寺百周年 HTML
・政府は思考停止?  HTML
第28号
(16年10月)
・初代阿波藩主、蜂須賀小六・蜂須賀弘法 HTML
・郵政改革の本丸は「出口」改革  HTML
第27号
(16年9月)
・霊場、いよいよ世遺産に!・高野山を含む三つの山岳霊場 HTML
・岡田民主党、第2期「次の内閣」  HTML
第26号
(16年8月)
・お月見と縁の深い覚王山 ・満月と弘法大師 HTML
・米国政府も岡田さんに興味津々  HTML
第25号
(16年7月)
・「ごしょうとう」?「ごようとう」?・お砂踏み(おすなふみ) HTML
・二大政党制の必要性  HTML
第24号
(16年6月)
・七難転じて七福と為す ・愛知の七福神巡礼 HTML
・小泉病の特効薬は・・・  HTML
第23号
(16年5月)
・勝川の大弘法 ・福の神を巡る七福神巡り HTML
・おどろきの副業 ・社会保障や雇用の予算がなくなる?  HTML
第22号
(16年4月)
・石仏は三種類 ・石仏=お地蔵さまではありません HTML
・ムダ遣い是正が先 ・嘘つきは泥棒の始まり  HTML
第21号
(16年3月)
・縁日はお祭り、市? かん仏会=花祭り HTML
・年金制度改革の政府案って ・理事長は大監督?  HTML
第20号
(16年2月)
・山門両脇は仁王像? ・実は二人のお弟子さん HTML
・待ち遠しい円高の是正 ・日本の介入は誰のため?  HTML
第19号
(16年1月)
・祖師巡礼と「大使」号 ・観賢僧正とひげの伝説 HTML
・税と保険料 ・本当の負担はいくら? HTML
第18号
(15年12月)
・守り本尊 ・弘法大使と大日如来 HTML
・目的と手段 ・国会軽視  HTML
第17号
(15年11月)
・弘法大使のご ・道隆寺の目なおし薬師様 HTML
・年金改革の行方 ・年金財源の無駄使いの責任  HTML
第16号
(15年10月)
・安産・子育て祈願の子安大師 ・お地蔵さんの赤いよだれかけ HTML
・日本を「ふつうの国」へ ・マニュフェスト選挙へ  HTML
第15号
(15年9月)
・お彼岸は純国産 ・苦難の船出から千二百年目 HTML
・政策のマジックナンバー ・マジシャン交代=政権交代  HTML
第14号
(15年8月)
・以前の札所は一軒家? 観光客で溢れた「放生池」 HTML
・三度目の正直 ・細川政権発足10周年  HTML
第13号
(15年7月)
・住宅?密集地域はB地区 ・歴史的建造分もギュウギュウ HTML
・独立行政法人って? ・遠山大臣の問題発言  HTML
第12号
(15年6月)
・「無空」→「空海」→「弘法大使」 ・四国巡礼地は「弘法大使」の修行の場 HTML
・2兆円っていわれてもピンときません ・事実確認が大切です  HTML
第11号
(15年5月)
・「焙烙(ほうろく)灸」って何? ・「八十八ヶ所」の由来 HTML
・「個人情報保護法」って何? ・「民」に厳しく「官」に甘い ・住民基本台帳ネットワーク  HTML
第10号
(15年4月)
・白装束の由来 ・覚王山スタイル HTML
・塩爺のジャンボジェット ・税金の無駄遣いが日本衰退の原因 HTML
第9号
(15年3月)
・「お遍路」の順番? ・「お接待さん」の後継者問題 HTML
・速水前総裁、お疲れ様でした!! ・12年前と何も変わらず!! HTML
第8号
(15年2月)
・覚王山の「札所」は本場四国霊場の「お接待さん」のような役割ですね! HTML
・サラリーマンの医療費負担増に反対!! ・ 一時凍結案を提出 ・・・ HTML
第7号
(15年1月)
・日泰寺の誇る日本最小の八十八ヶ所霊場  HTML
・「地方への税源移譲」と「増税」 ・「公約」と「口約」と「膏薬」 HTML
第6号
(14年12月)
・覚王山界隈の地名の由来を勉強してみましょう! HTML
・年金制度の改革案、ご存知ですか? 改革案のポイント HTML
第5号
(14年11月)
・どうして覚王山が塔廟の候補地に?  HTML
・10本目の経済対策 ・「経済政策って、いろんな意見があって、よくわからない」 ・・・ HTML
第4号
(14年10月)
・候補地選びの大バトル ・決戦、建仁寺!! ・・・ HTML
・争点は経済問題! ・不良債権問題って何? ・景気対策か?不良債権処理か? ・・・ HTML
第3号
(14年9月)
・日泰寺はもともと「にっせん寺」 ・どうして名古屋市に? ・・・ HTML
・ODAは皆さんの税金 ・ODAの問題点、金額が??? ・・・  HTML
第2号
(14年8月)
・「覚王山」ってご存知ですか? ・「弘法さん」のついでに、ちょっと足を延ばしてみませんか!・・・ HTML
・第15回通常国会が終了しました。 ・4つの重大法案の結末 ・・・ HTML
創刊号
(14年7月)
・「弘法さん」の縁日っていつから始まったのかな?・・・ HTML
・医療費の自己負担が上がります。 ・雇用保険料も上がります。 ・ストップ 無駄使い  HTML